スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←平成24年6月の稽古日程 →汗をかくということ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png はじめに
もくじ  3kaku_s_L.png 稽古日程
もくじ  3kaku_s_L.png 入門について
もくじ  3kaku_s_L.png 趣味
もくじ  3kaku_s_L.png 稽古内容
もくじ  3kaku_s_L.png 今日の稽古
もくじ  3kaku_s_L.png 道着の貸出し
  • 【平成24年6月の稽古日程】へ
  • 【汗をかくということ】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

稽古内容

稽古とは

 ←平成24年6月の稽古日程 →汗をかくということ
 「稽古とは 一より習い十を知り 十よりかえるもとのその一」という、千利休の言葉があります。

 たとえば初段になるまで一から十まで一通り稽古して、また一の基本に戻ったときに、初段の実力がなければ気づくことのできない一の基本の動作があります。稽古はその繰り返して成長していきます。「極める」ということはないのかもしれません。


 最近私は、子供たちに基本の一から空手の指導をすることがたくさんあります。十数年前にに習ったはずのことが、全く新しいことをやっているかのように感じます。


 子供たちは素直です。疑問に思ったこと、いままでやってきたことと違うと感じればすぐに質問をします。もちろん、私はそれらの問いに答えます。答えながら、自分自身が「動作の意味・目的」を再認識、再発見していきます。


 基本は難しい。一番難しいことを、一番初めに教える矛盾。でも、その基本動作を覚えなければ、次の動作を覚えられない。子供たちも当然分からなくなってきます。


 それでも、稽古は止まってはいけません。学んで学んで一生懸命に稽古して、また基本に戻った時に疑問点が見え成長していきます。基本に戻るときとは、自分より遅く入門した人に指導するとき、そして、そのような人が指導されているのを聞いている時などです。


 「考える」ことが必要です。考えなければ強くなりません。考えることにより、一の稽古に戻ったとき自分の体の変化・改善点に気がつきます。


 「考える」空手。それができるように皆に指導していきたいと考えています。



 と、いいながらも、私は思考がパンクするときがよくあります。考え込めば頭がこんがらがって訳が分からなくなる。でも、[考えすぎない]と意識すると普段の性格が大雑把なだけに、いい加減な考えをする
 バランスが難しい


もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png はじめに
もくじ  3kaku_s_L.png 稽古日程
もくじ  3kaku_s_L.png 入門について
もくじ  3kaku_s_L.png 趣味
もくじ  3kaku_s_L.png 稽古内容
もくじ  3kaku_s_L.png 今日の稽古
もくじ  3kaku_s_L.png 道着の貸出し
  • 【平成24年6月の稽古日程】へ
  • 【汗をかくということ】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【平成24年6月の稽古日程】へ
  • 【汗をかくということ】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。