スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

空手を始める

未分類

 私の息子はもうすぐ4歳になる。

 今まで一緒に空手をしてきたが、そろそろ本格的に空手の稽古を始めてみたいと思う。
スポンサーサイト

テンプレート変更

未分類

 ようやく秋の気配がしてきました。テンプレート変更します。

平成24年9月の稽古日程

稽古日程

 稽古を続けていくと、どんどん空手が面白くなります。空手を学びたくて道場に来て、そして空手をどんどん吸収していけばこれは誰もがそうなることだと思います。

 しかし、ここで気を付けなくてはならないのは、空手のことや技をどんどん学んでいくことと「できるようになる」ことは別だということです。

 空手が楽しくなれば、どんどん新しい技を習いたい、もっと違う技を稽古したいと思うようになります。

 でも、ここは我慢です。基本ができないまま先に進んでも、今度は空手の級が上がり難しい技を覚えれば覚えるほど何も身に付かなくなります。

 基本は同じことの繰り返しと、よく言われます。しかし、これまでもこれからも、私たちの動作に同じ動作は一つもありません。私は空手を始めて15年間、何度も正拳突きを出していますが一つも同じ突きはありません。どの突きも少しづつ違っているのです。それがいい方に違っていければ成長したということになるのです。

 基本の突き・受け・蹴り・立ち方、まずはこれをしっかり稽古しましょう。何度基本の稽古をしても同じ動作はありません。道場で言われたことを思い出しながら、自分で一生懸命に稽古してみてください。

 もし、分からなくなった、あるいは、違う動きになってきたときは私が指摘するので大丈夫です。「家で自分で稽古してきたな」というのは見てすぐ分かります。いいところは伸ばし、違うところは修正します。これが出来るのが、道場に通うメリットです。

 同じことの繰り返しに思える基本の動作も、どれも同じではありません。自分の成長のために考えながら一つ一つ基本の動作の稽古をすれば、「新しいことをやりたい」という気持ちは生まれません。


お待たせしました。平成24年9月の稽古日程は次の通りです。

土曜日

日時 9月1日 午前10時~12時
場所 泉コミュニティセンター2階

日時 9月8日 午前10時~12時
場所 秋田市文化会館4階講堂

日時 9月15日 午前10時~12時
場所 泉コミュニティセンター2階

日時 9月22日 午前10時~12時
場所 秋田市文化会館4階講堂

木曜日

日時 9月13日 19時~20時30分
場所 泉コミュニティセンター2階多目的ホール

日時 9月27日 19時~20時30分
場所 泉コミュニティセンター2階多目的ホール


平成24年8月の稽古日程

稽古日程

 暑い日が続いていますが、9月になりました。まだまだ暑い日が続きそうです。

 9月の日程を表示する前に8月の日程を表示します。もう9月なので8月の稽古日程は必要ないのですが、記録のために記載します。
 ちなみに、道場生にはメールでも稽古日程を送信しています。このブログに書いてある日程が基本ですが、変更があった場合には適宜メールを送ります。


8月の稽古日程

土曜日の稽古
日時 8月4日 午前10時~12時
場所 泉コミュニティーセンター2階

日時 8月18日 午前10時~12時
場所 泉コミュニティーセンター2階

日時 8月25日 午前10時~12時
場所 秋田市文化会館4階講堂

木曜日の稽古
日時 8月9日 19時~20時30分
場所 泉コミュニティーセンター多目的ホール

日時 8月23日 19時~20時30分
場所 泉コミュニティーセンター多目的ホール


 8月は特別稽古が2回ありました。8月12日(日曜)は泉コミセンの体育館で、みんな目一杯走って稽古しました。

 また、8月14日は同じく泉コミセン体育館で、湯川顧問・五十嵐副館長・優子代表と私で幹部会及び黒帯の稽古会を行いました。

稽古に参加する時間について

稽古内容

 先日、道場生から質問がありました。

「30分くらい遅れて参加するけどいいですか?」

 また、違う道場生からは

「少し早めに稽古終わりたいんですがいいですか?」

 というものです。



 結論から答えると、どちらの場合も「OKです。」


 稽古を続けるのは難しい。子供・学生・社会人・主婦 いろんな立場の人がいて、それぞれの都合がある。だから、それぞれの都合に合わせたやり方で稽古をして欲しい。


 だから、固くいわない、稽古時間も休みも。


 それでも、始まりの挨拶か、終わりの挨拶、どちらかは参加して欲しいと思います。なぜかというと、

「綱領」か「心得」をしっかり声に出して言って欲しいからです。

 繰り返しになりますが、稽古を続けることは難しい。だから、稽古の目的を持ち、一本筋を通して稽古をしなければいけません。
 はっきりした目標はまだないかもしれない。だからこそ、抽象的だが深い意味のある「綱領」「心得」を常に意識して欲しいと思います。


 稽古の曜日、時間が決まっているので、その人の状況に合わせて自分のリズムで続けられればいいと思います。

 

会話をして向き合う

稽古内容

 先々週の土曜日の稽古で、最近秋田桂林館に入門したばかりの、もうすぐ6歳になる男の子と話をする機会がありました。その日は、1対1で話をする時間があり、休憩時間に話をしました。

「〇〇君は、なんで空手がしたいと思ったの?」

「マリオ(ゲームソフト・スーパーマリオブラザーズのマリオ)みたいになりたいから。」

「なんでマリオみたいになりたいの?」

「マリオは、ジャンプしたり変身したりして強いから。」

「そっかあ、〇〇君は強くなりたくて空手をしたいんだね。」

「ちがう、クッパ(ゲームの中で一番強いカメの大ボス)を倒せるようになりたいの。」

「???、クッパを倒せるくらい強くなりたいの?クッパを倒すのが目標?」

「そう。マリオはねぇ、クッパを倒してピーチ姫を守ることができるんだよ。」

「そっか、〇〇君はピーチ姫を守れるようになりたいんだ。〇〇君はピーチ姫と同じように守りたい人がいるの?」

「いる。△△ちゃん(妹)。」


 私は、もうすぐ6歳になる、その男の子と話をしながら自分の未熟さを痛感しました。みんないろんな考え・目的があって、空手の稽古をしています。私は、いままで空手をしてきて作りあげた経験や思い込みの中で、その子と会話をしてしまいました。そして、その子の「空手をしたい目的」を自分の中で作りあげていたように思います。全く人と向き合って会話をするということが出来ていませんでした。

 話をした男の子は、初めから「敵を倒す強さ」などは求めてはいませんでした。「人を守れる強さ」を求めていたのです。

 子供たちはよく考えています。そして、いい意味で経験が少ないため、大人の「常識」にとらわれない発想を持っています。ただ表現と言葉がまだ分からないため、外にうまく伝えられないだけです。一人の人間としてきちんと向き合う。そして、表現力が未熟な分、こちら側が子供たちの心を引き出してあげなければならない、そう痛感しました。


 道場生としっかり会話をして向き合う、人と向き合う、社会と向き合う、言葉で伝えられることなど少ないかもしれません。それでも、基本は「言葉を通して向き合う」ことが大事だと思います。

 館長として、そのことを忘れず指導をしていきます

平成24年7月の稽古日程

稽古日程

7月いよいよ暑くなりました。暑さを吹き飛ばすような気迫を込めて稽古しましょう。テンプレートも変更します。

平成24年7月の稽古日程は次のとおりです。

土曜日の稽古日程
日時 7月7日(土) 午前10時~12時
場所 泉コミュニティーセンター2階

日時 7月14日(土)午前10時~12時
場所 秋田市文化会館4階講堂

日時 7月21日(土)午前10時~12時
場所 泉コミュニティーセンター2階

日時 7月28日(土)午前10時~12時
場所 秋田市文化会館4階講堂



木曜日の稽古日程
日時 7月12日(木)19時~20時30分
場所 泉コミュニティーセンター2階多目的ホール

日時 7月26日(木)19時~20時30分
場所 泉コミュニティーセンター2階多目的ホール


汗をかくということ

未分類

 今日の秋田は暑かったです。

 私は暑いのが苦手です。でも、運動で汗をかくのは大好きです。

 しかし、私服やスーツを着ているときなど、汗をかく服装でないときに、じっとり流れてくる汗が苦手です。私は暑いのには耐えることができます。ある記録的な猛暑の年にエアコン壊れていたおかげで暑くても耐えることができるようになりました。

 ただ、耐えられることと汗が出てくるのは別です。私は汗っかきです。ずっと汗が流れつづけるのは嫌です。

 汗が出てきて嫌になるとき、流れて流れて嫌になった時の対処法は「おもいっきり汗をかくこと」です。

 空手の稽古も最高ですが、何も考えずにただ汗を流すことができるランニングは好きです。

 今年の夏もランニングをして乗り切ります。夏は面白いほど汗がでます。「滝」のようにとは言いませんが、「シャワーをあびた後」のように汗がでます。走り終えた後、本当のシャワーを浴びるのが最高に気持ちがいいです。

 私は毎日、「朝」走ります。

 「この間、朝走ってたねえ!」と声をかけられることもあります。好きなことを時間を見つけてやれるのは楽しいですね。

稽古とは

稽古内容

 「稽古とは 一より習い十を知り 十よりかえるもとのその一」という、千利休の言葉があります。

 たとえば初段になるまで一から十まで一通り稽古して、また一の基本に戻ったときに、初段の実力がなければ気づくことのできない一の基本の動作があります。稽古はその繰り返して成長していきます。「極める」ということはないのかもしれません。


 最近私は、子供たちに基本の一から空手の指導をすることがたくさんあります。十数年前にに習ったはずのことが、全く新しいことをやっているかのように感じます。


 子供たちは素直です。疑問に思ったこと、いままでやってきたことと違うと感じればすぐに質問をします。もちろん、私はそれらの問いに答えます。答えながら、自分自身が「動作の意味・目的」を再認識、再発見していきます。


 基本は難しい。一番難しいことを、一番初めに教える矛盾。でも、その基本動作を覚えなければ、次の動作を覚えられない。子供たちも当然分からなくなってきます。


 それでも、稽古は止まってはいけません。学んで学んで一生懸命に稽古して、また基本に戻った時に疑問点が見え成長していきます。基本に戻るときとは、自分より遅く入門した人に指導するとき、そして、そのような人が指導されているのを聞いている時などです。


 「考える」ことが必要です。考えなければ強くなりません。考えることにより、一の稽古に戻ったとき自分の体の変化・改善点に気がつきます。


 「考える」空手。それができるように皆に指導していきたいと考えています。



 と、いいながらも、私は思考がパンクするときがよくあります。考え込めば頭がこんがらがって訳が分からなくなる。でも、[考えすぎない]と意識すると普段の性格が大雑把なだけに、いい加減な考えをする
 バランスが難しい

平成24年6月の稽古日程

稽古日程

最近更新が少なく申し訳ないです

遅れましたが、平成24年6月の稽古日程は次のようになります。


日時 平成24年6月9日(土)10時~12時
場所 秋田市文化会館4F講堂

日時 平成24年6月16日(土)10時~12時
場所 泉コミュニティーセンター2階

日時 平成24年6月23日(土)10時~12時
場所 秋田市文化会館4F講堂

日時 平成24年6月30日(土)10時~12時
場所 泉コミュニティーセンター2F多目的ホール


 夜の部の稽古日程は次のとおりです。子供から大人まで参加自由です。ガンガン稽古しましょう。

日時 平成24年6月14日(木)19時~20時30分
場所 泉コミュニティーセンター多目的ホール

日時 平成24年6月28日(木)19時~20時30分
場所 泉コミュニティーセンター多目的ホール

Menu

プロフィール

師範代

Author:師範代
秋田桂林館です。
 私は15歳でボクシングを習い,東北大会優勝,国体にも2度出場するなど,格闘技に夢中でした。
 18歳で秋田に来て,19歳の時にひょんなことから空手を習い始めました。そして武道を習うことにより,格闘技に対する考え方が変わりました。
 死ぬ前が一番強い!!そんなスーパーじいちゃんを目指しています。

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。